オンラインカジノの確定申告って必要?税金の仕組みをご紹介

オンラインカジノプレイヤーにとって高額当選は憧れるもの。

ですが、実際に高額当選した時や、コツコツと勝ち金を増やして結果、何百万の勝ち金を手に入れた際気になるのは税金ではないでしょうか。

ギャンブルも税金がかかるのではないか、という悩みを持っているプレイヤーは実際多いものです。

そこで今回は、オンラインカジノの勝ち金に税金がかかるのかや、確定申告が必要なのかを解説します。

そもそも、ギャンブルって税金がかかるの?

そもそも、ギャンブルって税金がかかるの?

オンラインカジノは税金がかかる

オンラインカジノの勝ち金は、一時所得となるため税金がかかります。

  • 一時所得に分類されるもの
  • ・懸賞や福引の賞金、競馬、競輪の払戻金
    ・生命保険の一時金、損害保険の満期戻り金
    ・法人からの贈与金
    ・遺失物拾得者や埋蔵金発見者の受け取るお金

になります。
オンラインカジノは「懸賞や福引の賞金、競馬、競輪の払戻金」に該当するため課税対象となります。
そのため、確定申告が必要です。
 
さらに、オンラインカジノは、勝ち金の出金が銀行振込や小切手に限られています。
銀行にも証拠が残るため、税務署側が所得を把握しやすいのが現状。

したがって、確定申告をおこなわないと、税務署からの未納分の追徴が来る可能性があります。
オンラインカジノで稼いだお金は、しっかり確定申告をおこなうのが無難です。
 

パチンコや競馬は税金払ってないけど大丈夫?

競馬などの公営ギャンブルでは、原則として税金がかかります。
この場合の勝ち金は一時所得に該当し、確定申告をおこなう必要が。
ただし、公営ギャンブルの勝ち金は、現金で受け取る場合が多いので銀行を通さず、収入を証明するものがなく、確定申告が難しくなっています。

そのため、税務署側も、個人の収入を特定を特定が困難なので、見逃されているのが現状。また、パチンコ・パチスロといった民営ギャンブルでは勝ち金も本来であれば税金がかかってきます。

しかし、民営時ギャンブルの勝ち金も、支出が曖昧であったり、収支を証明する手段がないため、確定申告をするのが難しいのが現状です。
 

オンラインカジノも税金がかかる理由

オンラインカジノも税金がかかる理由

オンラインカジノの勝ち金は、一時所得となるため税金がかかります。

そのため、確定申告が必要です。

さらに、オンラインカジノは、勝ち金の出金が銀行振込や小切手に限られています。

銀行にも証拠が残るため、税務署側が所得を把握しやすいのが現状。

したがって、確定申告をおこなわないと、税務署からの未納分の追徴が来る可能性があります。

オンラインカジノで稼いだお金は、しっかり確定申告をおこなうのが無難です。
 

オンラインカジノで儲かったら確定申告の必要あり!

オンラインカジノで儲かったら確定申告の必要あり!

オンラインカジノで儲かると確定申告が必要になってきます。
 

そもそも、確定申告って?

そもそも、確定申告って?

確定申告とは、毎年1月1日~12月31日の1年間の所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)を計算し、税金を支払うための手続きのことです。

場合によっては、納めすぎた税金が還付金として戻ってくる「還付申告」になる場合もあります。
 

オンラインカジノの課税対象になる時期と確定申告のタイミングと計算方法について

オンラインカジノの課税対象になる時期と確定申告のタイミング

オンラインカジノの税金の計算方法は、1月1日~12月31日の収益を合算し、そこから特別控除額50万円を差し引いて、さらに1/2に減額した分が納税対象となります。
またオンラインカジノの一時所得は、他の収益も合算して計算する総合課税に分類されますので、給料などの収益も一緒に計上します。

国税庁のホームページにて公開していますが、

一時所得の計算方法
【総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額】

これがオンラインカジノにかかる税金の計算方法となります。
最終的に、一時所得の金額の1/2を各税率に掛け、オンラインカジノの納税額が決定します。
 
では、わかりやすいように、オンラインカジノ以外の収益が無いと仮定し、1年間のプレイ結果から納税額を計算してみましょう。


上記の場合、1年間の収支は+750,000円となります。
しかし負けた日の金額は経費として計上されませんので、勝利金だけを合算すると、ちょうど1,000,000円となり、特別控除額500,000円を差し引き、さらに1/2の250,000円に対して税率が掛けられます。
 
所得税法では、1,950,000円以下は5%と税率となるため、250,000円×0.05で12,500円をオンラインカジノの収益として確定申告する義務が発生します。

なお、会社に勤務している方であれば、本業の給料以外に年間で20万円以上の収入がある際に、確定申告の必要があります。

加えて、その20万円+特別控除額の50万円の70万円以上の儲けがなければ、確定申告の必要はないわけです。
 

負けた金額は経費として数えられる?

オンラインカジノの勝利金を確定申告する際、その対象は「収益が発生した時」のみであり、負けた金額が経費として計上することはできません。
これはオンラインカジノの税金は「一時所得」に分類されるためであり、簡単に言ってしまえば、1回のゲームで大きな収益が発生する毎に納税の義務が発生するということです。
もちろん、その勝ったゲームでベットしていた金額は経費として認められますので、「収益(勝利金)- ベット金額」が所得となります。
 
では、1年を通じての収支がマイナスとなった場合、確定申告はしなくても問題無いのでしょうか?
残念ながら、先述した通り、オンラインカジノの勝利金は一時所得となりますので、1年の中で1回でも収益が出ていれば、たとえ年間合算でマイナス収支であっても、確定申告をしなければいけません。
ただし一時所得には特別控除額が適用されるため、50万円以下の収益でしたら確定申告は必要無くなります。
次に項目で具体例を元にして、詳しく解説します。
 

オンラインカジノの確定申告に必要な書類は?

オンラインカジノの確定申告に必要な書類など

オンラインカジノの収入の確定申告に必要な書類は最低3点あります。

まずは源泉徴収票で、会社勤めの方は年末年始に会社からもらえます。

続いて支払調書ですが、これはオンラインカジノでの収支の証明となるもので、原則カジノサイトの運営元に発行。

複数のカジノサイトで収入がある場合は、すべてのサイトから発行してもらう必要があります。

これも、年末年始ごろにサイトのカスタマーサポートなどで請求すると、あとになって焦らずに済みます。

最後に経費の領収書やレシートです。

これは経費の証明に使用します。

ただし、所得が300万円以下の場合は必要ありません。
 

サラリーマンの方は会社にバレる場合も!

サラリーマンの方は会社にバレる場合も!

会社勤めの方はここで注意点が1つあります。

確定申告の際に、確定申告書二面の「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある「普通徴収」に必ずチェックを入れるようにしてください。

ここにチェックを入れることで、住民税の徴収が会社ではなく自宅に届くようになります。

逆に言ってしまうと、チェックを入れずにいると、給料から天引きされている住民税が増えてしまい、会社にばれてしまう可能性が。

住民税が増えた理由を説明する必要が出てくるうえ、しかも副業禁止の会社であれば問題になってしまいます。

会社勤めの方は必ずチェックを入れるようにしましょう。
 

オンラインカジノは確定申告を忘れずに

オンラインカジノは確定申告を忘れずに

オンラインカジノの勝ち金は所得税がかかり、確定申告が必要です。

楽しくオンラインカジノを楽しむためにも、オンラインカジノで儲かったら確定申告を行うようにしましょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン Vera&John

国内人気No.1の優良オンラインカジノ!

ベラジョンの詳細を見る
カジノシークレット CASINO SECRET

キャッシュバックが魅力のオンラインカジノ!

ベラジョンの詳細を見る
カジ旅 Casitabi

世界初のRPG要素を取り入れたオンラインカジノ!

ベラジョンの詳細を見る