クイーンカジノは違法なの?安全にオンラインカジノで遊ぶ為のポイントを紹介

在宅需要に伴って、急成長を遂げているオンラインカジノ。興味を持った方も多くいるかと思うが、オンラインカジノと聞いて、怪しいと思った人は多数いると思います。
この記事では、オンラインカジノの中でも今人気急上昇中の「クイーンカジノ」の合法性や違法性について詳しく解説していきます。
いくらオンライン上であっても、賭博は賭博…。場所を提供している以上、危険なサイトなのではないかと思ってもおかしくはありません。
そもそも、オンラインカジノは合法なものなのでしょうか。利用したことのない人にとっては、まずはそこから気になりますよね。
オンラインカジノそのものの違法性について詳しくお伝えします。

クイーンカジノは違法なの?オンラインカジノを始めるにあたっての疑問

結論から言うと、日本の法律ではオンラインカジノはグレーです。
日本ではギャンブルが禁止されており、日本での賭博は違法になります。
宝くじや競馬などは、それぞれ省庁の承認を得ているので、セーフです。
しかし、オンラインカジノは海外のものが多いために、それを取締る責任者がいないために、グレーという認識がされています。
 

オンラインカジノを取り締まる法律は日本にない?

現在の日本には、オンラインカジノついて裁く法律が存在しないからです。
外国はカジノに関する法律が整備されており、オンラインカジノも当然法律で認められている状況です。
しかし問題になるのは、海外で合法なオンラインカジノを、日本からプレイするのが法律上どうなのか?という点があります。
 

ネットには国境がない

現在、オンラインカジノ自体を裁ける法律がないのが現状です。
海外では合法のオンラインカジノを、ギャンブル禁止の日本からアクセスしてプレイし、胴元が裁けないのに、プレイヤーが裁かれるのは、おかしなことになります。
日本から海外サイトにアクセスすることなんて、想定してなかったことなのです。
だから、今になって、こういう矛盾点が出てきているとされています。
ここが、オンラインカジノがグレーゾーンと言われるポイントです。
 

取り締まるのが現実的に難しい

日本では、【競馬、競輪、競艇、パチンコ、宝くじ】など国で認められたギャンブル以外の手段でお金を賭けることは法律的に禁止されています。
しかしオンラインカジノの場合、海外の運営会社がギャンブルを合法化している国からライセンスを取得しているため、日本ではオンラインカジノ上での賭けは取り締まることができないとされています。
 

検察は100%勝てる事件しか取り扱わない

 検察側からしても、結局いいのか悪いのか分かりにくいとされている。
これはそもそも「逮捕」「起訴」というものが、警察・検察のさじ加減によるからです。
オンラインカジノに対して、曖昧なために検察はオンラインカジノを事件として扱うことはないとされています。
 

クイーンカジノで逮捕されない理由


クイーンカジノは、 ライセンスを取得している安全なサイトとなっており、過去に逮捕者も出ていません。
合法なギャンブルと認められているために逮捕者が出ていないとされています。
 

クイーンカジノのライセンスは?


クイーンカジノは国際的に認知されているキュラソーライセンスを取得しています。
クイーンカジノ公式URLでしっかりと「VERIFIED(検証済み)」となっています。
ライセンスを取得し続けるには定期的にライセンス発行元から監査を受けています。
その監査ではプレイヤーの個人情報が厳重に扱われているか、イカサマはしていないか、資金は十分にあるかなどが厳しくチェックされます。

クイーンカジノの運営元は海外にある

 クイーンカジノのライセンスですがPAGCORと言うライセンスを取得しており、このライセンスはフィリピンの企業のライセンスになります。このライセンスはフィリピンの公的機関が発行するライセンスで審査に通ることで発行されますので審査に通過した機関であり、すべての国の方を対象としているため違法性はないです。
 

過去にあったオンラインカジノにまつわる事件


 通常は、オンラインカジノを利用していても逮捕されません。実際、スマートライブカジノ事件を除いて、オンラインカジノのプレーヤーが逮捕された事例はありません。
それ以前は「NetBanQ」という決済サービスの運営者が逮捕されたりと、運営側が捕まることはありましたが、利用者が逮捕されることはありませんでした。
しかし、過去にはスマートカジノ事件、ドリームカジノ事件とプレイヤーが逮捕される事件がありました。
 

スマートカジノ事件

 スマートライブカジノ事件は、2016年3月、オンラインカジノを利用していた日本人プレーヤー3名が、国内でカジノに興じていたということで賭博罪に問われ、逮捕された事件です。
ブログやSNSサイトの情報から3人がスマートライブカジノでプレイしていることを把握した警察が、自らスマートライブカジノのアカウントを作成して同じライブブラックジャックテーブルへ潜入。
内偵して賭けが行われているという実態を掴み、逮捕に至りました。
 

ドリームカジノ事件

 ドリームカジノ事件は、大阪市天王寺区に事務所を構えていたオンラインカジノの運営者5人が逮捕された事件です。
オンラインカジノの主催者が逮捕されたと言うことで、利用者にとっては大きな衝撃を与えたものとなりましたが、これには日本の法律に違反した大きな根拠があります。
それは日本で禁止されている賭博行為を日本国内で行ったことによるもので、日本では法律で認められた公営ギャンブル以外は原則的に賭博行為は禁止されています。
そのために逮捕された事件とされています。
 

オンラインカジノで安全に遊ぶためには?


政府が発行した公式ライセンスを有している事や、第三者機関の認証は独立した機関である事、世界中誰もがサポート受けられる体制である事などがあります。
 

ライセンスを取得したオンラインカジノで遊ぼう

 日本は法律でカジノを国内で運営する事が出来ませんが、ネットカジノも例外はなく国内で運営する事は出来ません。
ネットカジノを運営するには、サーバーと呼ばれるサービスを提供するためのコンピューターが必要になりますが、サーバーを置く事や運営する許可がなければ、世界各国ネットカジノを運営する事は出来ません。
つまり、運営許可証となる「公式ライセンス」を政府から発行されなければ、サーバーを設置し、運営出来ないという事ですが、違法なネットカジノはライセンスを発行せずに運営するところもあります。
政府発行のライセンスを出している国は、以下の通りです、他の国で運営と謳っているネットカジノがある場合は、公式ライセンスの有無を気にしたほうが無難かと思います。
 

信頼あるライセンスを発行している国

国や政府はライセンスを発行することで、ライセンス料や税金(ゲーミング料)が入ってくるため、これを重要な財源として甘めの審査でライセンスを発行している国も存在します。
EU各国のライセンス(イギリス、マン島、ジブラルタル、マルタ共和国等)は取得が非常に厳しいと言われており、EU各国のライセンスを持つオンラインカジノであればまず間違いないでしょう。
そのなかでも、マルタ共和国は審査が世界一厳しいと言われています。
オンラインカジノで使用しているサーバーやソフトウェア、または資金源などを徹底的に調べ、監視しています。マルタ共和国のライセンスをもつオンラインカジノ(ベラジョンカジノ、インターカジノ、旅カジ)は、世界一安全なオンラインカジノと言えます。
 

第三者機関の認証を得ている

 それぞれの国の独自の審査基準と監査で「認定マーク」を発行しますので、健全な安心・安全なネットカジノなら、サイト内に認証マークが見られるはずです。
細かい審査基準や監査の開示はしていませんが、
運営体制やゲームの公平性やユーザーへの還元率、毎月のパーセンテージの報告義務は、チェックしていますし、もしプレーヤーと運営会社でトラブルが起きた場合は、第三者機関が仲裁に入る事も可能です。
 

日本人限定なオンラインカジノは危険

その理由は、オンラインカジノの経営に日本人は参加できないからです。
オンラインカジノの経営は海外の会社が展開しています。
その中に日本人がいるかもしれませんが、日本人を大々的に押し出すような方針を取ってはいけません。
そのため、なるべくライセンスを受け取った国で人員を確保する方針を取っています。
日本人がオンラインカジノに関与するというのは、基本的にないものと判断してください。
 

入出金の実績があるか?

 ライセンスがあるかどうかを判断することが大切です。
カジノが合法化されている国であることが大前提となりますが、厳しい審査を設けているライセンスがとても重要です。
 

サポート体制

 ライセンス認証されているほとんどのオンラインカジノでは、言語対応やお問い合わせなどの、サポート体制がされています。
利用者が安心してプレイできるような、配慮が施されています。
 

違法に当たるパターン


 違法に当たるパターンの逮捕されている例の1つとして、日本人が運営しているように見えているところは危険とされています。
日本人が運営している場合は、時間帯が夕方以降の設定であることと、行っているディーラーが日本人だったり、日本語のサービスが非常に手厚いなどの問題があります。
英語でかかれているサイトの場合は、日本語はWEB翻訳を利用しているケースが多くあり、それによって間違っている情報が掲載されることもあります。
このような翻訳の誤りについては普通と判断してもいいのですが、日本人向けのところは間違いがないとされています。
 

インカジ店でカジノをプレイ

 インカジとは、「インターネットを通してカジノが遊べる」という意味で、日本国内において競馬・競輪など国から認められているものを除きギャンブルは違法です。
そのため、基本的に「インカジ」は違法となります
 

未成年にオンラインカジノをすすめる

 オンラインカジノの年齢制限は、最年少で18歳以上です。
基本的に本人確認の段階で、登録できないようにはなっています。
ただし、 オンラインカジノによって年齢制限が異なる ので注意が必要です
 

勝利金を申告納税していない

 働いて得た収入が所得になるのと同じくオンラインカジノの勝利金も所得とみなされるため、一定の金額以上は課税対象となります。
オンラインカジノの勝利金が一定の額を超えた場合に納税義務があることは事実で、それを知っていて納税を怠れば脱税となります。
 

まとめ


 オンラインカジノに違法性は全くなく、運営自体は完全に「合法」です
オンラインカジノというのは、海外の国(政府)が発行するライセンスを取得しなければ、運営できません。ライセンスを取得するためには厳しい審査があり、審査に合格しても莫大な登録料や継続料なども支払わないといけないのです。つまり、「ライセンス取得=国に認められて運営している」ということなので、違法性は全くないです♪むしろ、国(政府)にお金を納めている優良企業とまでいえます。
クイーンカジノの場合でも同じで、ライセンスを取得しているので、安全に遊べると考えれます。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン Vera&John

国内人気No.1の優良オンラインカジノ!

カジノシークレット CASINO SECRET

キャッシュバックが魅力のオンラインカジノ!

カジ旅 Casitabi

世界初のRPG要素を取り入れたオンラインカジノ!